flower border
購入予定の乙女ゲー
下にあるものは大体攻略アップする予定です。
6月18日
10月10日
11月21日
12月19日
12月19日
1月30日
1月30日
2月20日
3月12日
3月12日
4月16日
5月28日
5月28日

カテゴリ  最新記事  コメント  発売予定表


三国恋戦記~オトメの兵法!~ 孟徳 攻略

Category三国恋戦記 オトメの兵法!
孟徳

※スペシャルにもスチルがあります。

~序章~

「年上で……」
(うーん……それ以外で……)
「甘やかしてくれる人かな……」

~三顧の礼ならず~

(言う通りの方向に進んで大丈夫なのかな)
「楽だから、でしょうか……」
「雲長さん、ありがとうございます」
「献帝」(2周目以降)
「許」(2周目以降)
「郡」(2周目以降)
「太守」(2周目以降)
「曹孟徳」(2周目以降)
「ぐ、偶然うわさを聞いたんです」
「そんんあに兵力に差があるんですか?」
(忘れちゃいそうだから、簡単におさらいしておこう)

~策~

「あ、あの、私は怪しい者じゃありません」
(玄徳さんにこのこと話してみようかな……)
第一問***「元譲軍を葦原に誘い込むことです」
第二問***「敵の隊列の中ごろが葦原にさしかかったあたりです」
第三問***「四つです」
第四問***「南方に火の手が上がったら動いてください」
(何、してるんだろう、私。何をするんだっけ)
(それでも、元譲軍の兵士が死んだのは私のせいだ)
「いい加減、姿を見せてください」
「そんな風には思えません」
(翼徳さんはこのあたりにいないかな)

~変わらぬ運命~

「私も雲長さんたちに賛成です」
(公玉さんの行動を監視すればいいんだ)
(子龍さんの部屋に寄ってみよう)
第一問***「敵軍の足を止めさせることです」
第二問***「少ない兵で効果を出すことです」
第三問***「伏兵が潜ませてあると勘違いさせるんです」
第四問***「玄徳さんが見晴らしのいい場所で休憩するんです」
第五問***「孟徳軍が城に入りきった時に罠を発動します」
2周目用Save
「は、はい」

~曹孟徳~

「私は助けてもらったんでしょうか?」
「少し、考えさせてください」
(ちゃんと挨拶しよう)
「家に帰りたいです……」
「最初から公玉さんを殺すつもりだったんですか?」
(こうなったら、何か、昔話を……)
「じゃあ、こうして繋いでいれば見えなくていいですね」
「ごめんなさい。でも、何もするつもりはなくて」
Save1
「私はここに残ります」
(それならできることをして、孟徳さんを助けるべきだ)

~赤壁~

「私程度ってどういうことですか?」
Save2
(でも、ちょっとおじいさんの様子が変だったな)
第一問***「わらを積んだ船を用意します」
第二問***「船で孟徳軍の砦へ向かいます」
第三問***「仲間のふりをします」
第四問***「自分の船を燃やします」
第五問***「これで終わりです」
Save3
(私はもう孟徳さんに嘘をつきたくない)

~空白~

「相手をばらばらにするんですか?」
(なんとかさりげなく助けてあげられないかな……)
(とりあえず、猫のふりをしよう)
「……わかりません」
「兵を持っていなくたって……」
「――反乱軍?」

~西征~

Save4
第一問***「相手を仲間割れさせることです」
第二問***「謀略で内部を分裂させるということです」
第三問***「旧交を使います」
第四問***「別動隊は黄河を渡ります」
第五問***「相手の気を逸らすために使います」
「あ、あの、私、孟徳さんのこと好きですよ」
「いつかは帰らなくちゃいけなかったのかも」
「……少し、考えてみます」
(諦めきれない。本当にもうどうしようもないのかな)
(このこんがり具合がなあ)
(孟徳さんに直接聞いて確かめよう)

~陰~

(どうして突然、強引な手段を使ったんだろう)
「……黒、ですか?」
「うーん……じゃあ黒だと思います」
「黒を出しますね」
「黒です」
「じゃあ、私は白を出します」
Save5
(それなら、一緒にはいられない)
Save6
(孟徳さんに知らせたら、逆に危ないのかな)
「私は、最初から何も企んでなんかいません」
「逃げ出そうなんて、一度も思ったことありません」
「それだって、ただの水なのに……」
 ↓
ハッピーエンド



2周目用Saveより※ハッピーエンドを見た後。

「は、はい」

~曹孟徳~

「私は助けてもらったんでしょうか?」
「少し、考えさせてください」
(ちゃんと挨拶しよう)
「家に帰りたいです……」
「最初から公玉さんを殺すつもりだったんですか?」
(こうなったら、何か、昔話を……)
「じゃあ、こうして繋いでいれば見えなくていいですね」
「ごめんなさい。でも、何もするつもりはなくて」
「私はここに残ります」
(それならできることをして、孟徳さんを助けるべきだ)

~赤壁~

「私程度ってどういうことですか?」
(でも、ちょっとおじいさんの様子が変だったな)
第一問***「わらを積んだ船を用意します」
第二問***「船で孟徳軍の砦へ向かいます」
第三問***「仲間のふりをします」
第四問***「自分の船を燃やします」
第五問***「これで終わりです」
(私はもう孟徳さんに嘘をつきたくない)

~空白~

「相手をばらばらにするんですか?」
(なんとかさりげなく助けてあげられないかな……)
(とりあえず、猫のふりをしよう)
「……わかりません」
「兵を持っていなくたって……」
「――反乱軍?」

~西征~

第一問***「相手を仲間割れさせることです」
第二問***「謀略で内部を分裂させるということです」
第三問***「旧交を使います」
第四問***「別動隊は黄河を渡ります」
第五問***「相手の気を逸らすために使います」
「あ、あの、私、孟徳さんのこと好きですよ」
「いつかは帰らなくちゃいけなかったのかも」
「……少し、考えてみます」
(諦めきれない。本当にもうどうしようもないのかな)
(このこんがり具合がなあ)
(孟徳さんに直接聞いて確かめよう)

~陰~

(どうして突然、強引な手段を使ったんだろう)
「……黒、ですか?」
「うーん……じゃあ黒だと思います」
「黒を出しますね」
「黒です」
「じゃあ、私は白を出します」
(それなら、一緒にはいられない)
(孟徳さんに知らせたら、逆に危ないのかな)
「私は、最初から何も企んでなんかいません」
「逃げ出そうなんて、一度も思ったことありません」
「それだって、ただの水なのに……」
 ↓
ハッピーエンド



Save1より

「私、玄徳軍に戻ります」
 ↓
敵に深入りしすぎた結果



Save2より

(あの水軍の武将さんに報告しに行こうかな)
 ↓
深入りしすぎた結果



Save3より

(部下になったのだって帰るためだし、帰ろう)
 ↓
帰還



Save4より

第一問***「別動隊を使って相手を二手に分かれさせることです」
第二問***「分かれてくれるようにお願いするということです」
第三問***「お金を使います」
第四問***「別動隊は山を越えます」
第五問***「いざというときの兵糧のために使います」
「私に何かできることってありますか?」
「いつかは帰らなくちゃいけなかったのかも」
「……少し、考えてみます」
(諦めきれない。本当にもうどうしようもないのかな)
(このこんがり具合がなあ)
(孟徳さんに直接聞いて確かめよう)

~陰~

(どうして突然、強引な手段を使ったんだろう)
「……黒、ですか?」
「うーん……じゃあ黒だと思います」
「黒を出しますね」
「黒です」
「じゃあ、私は白を出します」
(それなら、一緒にはいられない)
(孟徳さんに知らせたら、逆に危ないのかな)
「私は、最初から何も企んでなんかいません」
「逃げ出そうなんて、一度も思ったことありません」
「それだって、ただの水なのに……」
 ↓
泡沫の未来



Save5より

(それでも、一緒にいたいんだ)
 ↓
幸せのかたちのひとつ



Save6より

「……孟徳さん、窓の外に誰かいます」
 ↓
鳥籠



ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事
最終更新日2018-12-26


0 Comments

Post a comment